日本携帯電話受信エンコード設定機能のお知らせ



日頃より来々メールご愛顧下さいまして誠に有難うございます。


昨年発売されましたdocomo社のN-02A(NEC)に続きF-09A(富士通)が発売されました。
N-02A同様、標準で中国語のFEP(文字入力)、FONT(文字表示)が内蔵されており、中国語メールや中国語web閲覧が可能となっております。


しかしながら、これらの携帯電話を利用して簡体字の来々メールを受け取る為には、弊社で個別にエンコードをUTF-8(UNICODE)に設定する必要があります。
(現在は、エンコードの変更をユーザー様からメールにて申請して頂いていました)


そこで、今後簡体字での送受信可能な携帯電話が発売されることが予測されますので、お客様にすばやくエンコードの変更が出来ます様にユーザーページ内に「エンコード設定」のページをご用意いたしました。

 

設定方法は以下の通りです、以下の内容をご覧下さい。

 

【ユーザーページ】

エンコード指定ボタン

エンコード設定のボタンは携帯電話ドメインで登録されている方のみ表示されます。

 

【エンコード設定ページ】

エンコード変更画面

ISO-2022-JP:日本の文字を文字符号化する方式です。
UTF-8:世界中の文字を文字列符号化する方式です。

 

(注意)
1.本設定は携帯電話(日本)メールアドレスの場合にのみ有効です。
2.上の2機種以外でエンコードをUTF-8(UNICODE)に設定いたしますと文字化けを起こす恐れがあります。簡体字対応でない携帯電話の場合は、エンコードをISO-2022-JP(JISCODE)でご利用下さい。
3.SoftBank社のiPhoneは通常の携帯電話メールと形式が異なる為、エンコード設定をしなくとも簡体字送受信は可能です。

 

 

CopyRight (C) 2002-2008 ABsoft All Rights Reserved